EASY CS:GO blog

読んだらCS:GOが(たぶん)簡単になるブログです

mirage 誰でも分かる、midの取り方

f:id:yutorikun:20161214123240j:plain

 mirageのmidからAに行ったりBに行ったりしたくても

窓にいるCTのawpに倒されて進めなかったりしていませんか?

今回は、mirageのmidの取り方の一例を紹介します。

midを取るのに大切な三つのポイント

僕が、midを取るのに大切だと思うポイントは以下の三つです。

・窓と連通をスモークで潰し、CTに見られるポイントを潰す

・スモークが焚けている間にアクションを起こす

・味方が見ているポイントと角度に気をつける

 

この3つのポイントに着目しながら、midの取り方を順序通りに書いていきます。

今回は、3人ハイミッドから行き、midを取る前提で書いていきます。

1.箱裏まで入る

まず、ヤシにスモークを投げ箱裏まで入りましょう。

箱裏まで入るために必要なグレネードは主に3つあります。

 

f:id:yutorikun:20161214121926j:plain

一つ目はヤシに焚くスモークです。

このスモークは、箱裏までに入る際にawpに撃たれないようにするために投げます。

 

f:id:yutorikun:20161214122420j:plain

二つ目は敵のmid詰めに対するFBです。

CTが窓を降りてmidを詰めてきた時に何も投げないと

やられてしまう可能性があるので投げます。

 

f:id:yutorikun:20161214122434j:plain

三つ目は、連通に対するmoloです。

ヤシスモークを炊いていても連通側から見えてしまうので

連通に居られないようにするために投げます。

 

f:id:yutorikun:20161214122449j:plain

こんな風に連通から見えます。

 

まず、この三つのグレネードを投げて箱裏に二人入ります。

三人入ると、敵からのグレネードを食らってしまったり

動きづらかったりするので一人はヤシに残りましょう。

2.窓と連通をスモークで塞ぐ

次に必要なのは、窓部屋と連通をスモークで塞ぐことです。

なぜスモークで塞ぐかというとCTから不用意に覗かれるのを防ぐためです。

特にawpが上手く動くとkillを取られやすいので

midを取る際はスモークを持っているかどうかの確認は絶対行いましょう。

 

窓スモークと連通スモークは箱裏から投げます。

 

f:id:yutorikun:20161214122011j:plain

窓スモークは、この位置に合わせて走り投げで投げます。

走る距離を間違うと案外入らなかったりするので注意してください。

 

f:id:yutorikun:20161214122023j:plain

 こんな風に焚けます。

 

連通スモークはグレネードを構えた時の手の位置で合わせます。

今回は、ビューモデルがクラシックの際の投げ方を紹介します。

 

f:id:yutorikun:20161214123033p:plain

青丸で囲んでいる所を見てください。

スモークを構えた時にスモークのピンの部分が、

窓部屋の上のアンテナに合わさるようにして投げます。

 

f:id:yutorikun:20161214130948j:plain

こんな風に焚けます。

 

また、この窓スモークと連通スモークを投げる際に重要な点は

CTからスモークが来た場合は、スモークを投げないで出来るだけ待つことです。

CTから来る有名なスモークだと、窓のOnewayスモークや

連通のOnewayスモークです。

 

f:id:yutorikun:20161214122053j:plain

こういうスモークが来た際は、出来るだけ箱裏とヤシで待機しましょう。

連通のOnewayスモークが来た場合などは、

窓部屋にスモークの変わりにmoloを投げて牽制をしておくと効果的です。

 

3.カバーし合いながら場所を確保する

1-2までの工程を知っている人は多いと思いますが、ここからが重要です。

ここからは、3人がそれぞれカバーし合いながら場所を確保しなければなりません。

最終目標は梯子部屋までの確保です。理由は、梯子部屋まで取るとA攻めもB攻めも大変有利になるからですね。詳しくはこちらに書いています。

easycsgo.hatenablog.com

 

f:id:yutorikun:20161214124713j:plain

まず、箱裏に入った二人のうち一人がmidを下ります。

 

f:id:yutorikun:20161214124726j:plain

もう一人はショートが不意に飛び出してくるのを抑えます。

 

f:id:yutorikun:20161214124745j:plain

ヤシにいた人はショートレールを連通を見ながらあがりましょう。

 

そして、まず連通を先に取ります。

ここで重要なのは、midを下った人とショートレールを進行している人が

同時に連通を覗くことです。

 

f:id:yutorikun:20161214124815j:plain

こうすることにより、連通の中にもし敵がいた場合でも確実に倒すことが出来ます。

要するに高低差を利用して二段を作るということですね。

 

f:id:yutorikun:20161214131116j:plainf:id:yutorikun:20161214131126j:plain

連通の左右の壁に張り付いていないかも

念のため気をつけてクリアリングしましょう。

 

連通まで確保できた段階で、ショートをカバーしていたTは

ショートレールを進行しているTのカバーをするためにショートレールへ行くか

他の場所を確保したいなら、midから引きましょう。

 

連通が確保できたら、今度はショートを覗きます。

ショートも同じ要領で覗きます。

 

f:id:yutorikun:20161214125022j:plain

連通にいる人とショートレールを進行している人が同時に覗けば良いのです。

 

f:id:yutorikun:20161214125141j:plain

連通を確保する時と同様に二段になっていますし、

連通にいるTはショートにいるCTからはかなり見づらいので

有利に撃ちあう事が出来ます。

 

f:id:yutorikun:20161214125700j:plain

ここまで来たら、後は梯子部屋を確保するだけです。

連通にいる味方に梯子部屋にFBを投げてもらい、

ショートレールを進行している人が梯子部屋を覗きましょう。

 

梯子部屋を取れた段階で、特に予定がない場合は

梯子部屋にいる人以外は基本的に引きましょう。

スモークが切れた段階で中途半端な位置にいると、折角有利な場所を取れていても

killを取られ、不利になってしまいます。

まとめ

今回は、mirageのmidの取り方について書いてみました。

mirageのmidは連携しないと確保するのがかなり難しいので

是非練習してみてください。

(勿論、今回紹介した取り方と違う方法の取り方もあります)