EASY CS:GO blog

読んだらCS:GOが(たぶん)簡単になるブログです

【初心者向け】集団戦における基本の動き方

f:id:yutorikun:20161117204722j:plain

今回は、mirageのA Set を例に、集団で攻める際の動き方を簡単に紹介します。

 1.そもそも集団における動きとは

僕が集団で動く際に重要だと思うポイントは、以下の四つです。

①進行ルートと自分が見るポイントを事前に打ち合わせする

②入る順番によって、索敵する人と敵が出てくるのを抑える側に別れる。

③アタッカーは味方と詰まらない動きをする。

④カバーは常に状況判断をしつつ動く。

今回は、この四つのポイントに絞って説明していきます。

①. 進行ルートと自分が見るポイントを事前に打ち合わせする

A Setに必要なグレネードを投げ、A中に入るぞ!っとなった時に

みなさんは、どのようにA中に入っていきますか?

mirageのA Setに必要なグレネードを知っている人は多いですが、

どのようにしてA中に入っていくかということは意外と重要視されません。

なんとなくA中に進行し、敵がいたらなんとなく撃ち合うより、

A Setをする前に、自分はどこを見ながらどのルートを進行するかというのを

打ち合わせするだけで勝率はかなり変わります。

f:id:yutorikun:20161124210018p:plain

例えば、一番先頭にいる人がA中に入る際に

赤い線のルートを適当に進行するより、パレス下を見ながら

青いルートを進行するほうが、味方もカバーしやすいですし

敵も、撃ち合いづらいはずです。

②.入る順番によって策的する人と敵が出てくるのを抑える側に別れる

①であったように、事前に打ち合わせをしても

全員で一斉にサイト側に進行してはダメです。

CS:GOは止まっていないと弾が真っ直ぐ飛ばないので、

全員で動くよりは入る順番によって進行する人と、

敵が出てくるのを抑える人で別れたほうが効率的です。

どのマップでも、進行する人は出来るだけ挟まれず敵のAIMがズレる方向を進行し、

敵が出てくるのを抑える人は撃ち合いに有利な場所で待つのが一般的です。

A Setおける入り方の例

f:id:yutorikun:20161127022102j:plain

 一人目は、パレス下を見ながらAトンから見て左沿いに入ります。

この時、パレス下にモロトフが入っている場合などは、

パレス上だけ警戒してすぐサイト側を向きましょう。

 

f:id:yutorikun:20161127022339j:plain

 二人目も同じルートでサイト側を見ながら動きます。

一人目のカバーなので、一人目の交戦があったほうに加勢するのが好ましいです。

 

f:id:yutorikun:20161127022424j:plain

 3人目は、テトリスでカバーをします。Aサイト側とCTスポーン側を警戒します。

 この人は、一人目二人目と違って敵が出てくるのを抑える人です。

 

f:id:yutorikun:20161127022623j:plain

4人目は、パレスの人です。パレス下をモロトフで燃やして

スモークを抜けてベンチ側から出てきたりタシロ側に出てくる敵を抑えます。

この人も、3人目と同じで敵が出てくるのを抑えるカバー役です。

 

5人目は、大体はmidに行って裏取りをする人ですが、ここでは割愛します。

③.アタッカーは味方と詰まらない様に動く

f:id:yutorikun:20161127023120j:plain

例えば、Aトンから出た時に敵がサイトにいたとします。

先頭がここでしゃがんで撃ち合って敵が中々倒せないと後続のカバーは

前に進めず詰まってしまい、最悪、先頭の味方と被って倒されてしまいます。

先頭は出来るだけ狭い場所は詰まらない様に動くのを心がけましょう。

 

また、敵と自分の距離が近かったりスモークから出る際はジャンプをしながら出ると

詰まらない動きに加えて敵のAIMをずらすことが出来ます。

この場合、高確率で死んでしまいますが

カバー役の人がしっかりCTを倒してくれると、1killずつ交換した形になり

圧倒的にTに利があるので先頭として十分な仕事をしたといえます。

④.カバーは常に状況を判断しながら動く

先頭と違い、後続は体力が少なくなった敵との撃ち合いが多くなるので

敵を倒しやすいですが、カバー役に求められる能力もまた違います。

 

例えば、②のA Setの際の配置を取ったとして

一人目と二人目の味方が敵を倒せずやられてしまったとします。

その場合、敵が出てくるのをそのまま待ち続けるのか自分も動いて

カバーをするかの状況判断が求められます。動くべきなのか、抑えるべきなのか

それともグレネードを投げて支援すべきなのか常に状況判断がシビアなのが

カバー役だと僕は思っています。

 

また、余談ですがFBを食らってはカバーも出来ないので

カバー役はFBも上手く避けなければいけません。

プロゲーマーでもアタッカーよりカバーのほうが

センシが高い傾向にあるのはこのためだと思います(たぶん)

5.まとめ

今回は、進行するルートや位置取りに焦点を当ててみて集団戦について

書いてみました。demoを見る際に投げ物や作戦だけを見るのではなく

こういう部分に着眼してみると、良いプレーヤーになれるかもしれません。

(今まであまり意識していなかったので自戒)