EASY CS:GO blog

読んだらCS:GOが(たぶん)簡単になるブログです

cache Aサイト 設置後における取り返しのポイント

f:id:yutorikun:20161117173554p:plain

今回は、cacheのAサイトにC4が設置された際の取り返しの動き方について、

自分なりに考えをまとめてみました。

1.CTトラックからの取り返しによる不利

Aサイトを取り返しに行く際に、まずCTトラックに行きませんか?

CTトラックからの、取り返しは基本的に不利だと僕は思っています。

f:id:yutorikun:20161117080751j:plain

理由は、このCTトラック前の長いなにもない通路にあります。

この場所にいる限り、クアッド側から適当に投げられたFBですら不可避ですし、

A館をスモークで塞がない限り、リフトとA館に同時に見られもします。

f:id:yutorikun:20161117080917j:plainf:id:yutorikun:20161117080926j:plain

クアッドから不可避FBを投げてもらい、リフトが出るだけで確実に1killされる

CTトラックから取り返しに行く際は、基本的に

以下の三つの行為を行う時だけにしています。(1on1は例外です)

①リフトにモロトフを投げる

②キャットをクリアする

③ロングレンジを活かしてリフトorA館の敵をawpで狙う

f:id:yutorikun:20161117081253j:plain

①のリフトのモロはこの画像の位置に合わせて走り投げを行います。

f:id:yutorikun:20161117081340j:plain

②のキャットのクリアは、①のモロトフを投げてリフトがクリア、または安全だと思う状況でクリアします。キャットの敵がしゃがんでいる場合は見えないので、ジャンプをして確認しましょう。

A館を潰すスモークは、ここで確認してください。

2. Aショートから取り返しに行く際の動き方

1.にあった通り、1on1以外で特定の行動を起こさない場合は、基本的に

ショートから取り返しに行くようにしています。

f:id:yutorikun:20161117082139j:plain

モロトフがある場合は、優先的にクアッドを燃やしましょう。

画像の位置に合わせて少し走り投げをします。

また、地味ですがはしごに登った音をフェイクで

出したりするのも状況によっては有効です。

 

f:id:yutorikun:20161117082330j:plainf:id:yutorikun:20161117082340j:plain

次にリフトのクリアリングを行います。

黄色い核廃棄物の上に乗ってリフトを決めうちします。

f:id:yutorikun:20161117082752j:plain

また、この場所からクアッドの左も見えるので

味方のモロにあわせて敵が出てくるのを待つのも効果的です。

f:id:yutorikun:20161117085331j:plain

後は、リフト横とA館を警戒しながらサイト横まで移動します。

3.A館側を回るか、サイト側を回るか

次に、重要なのはサイトをA館側に回るかサイト側に回るかです。

f:id:yutorikun:20161117083015j:plainf:id:yutorikun:20161117083009j:plain

これは、自分と味方の位置関係、

A館をスモークで塞げているか等に依存すると思います。

例えば、2on1の状況でクアッドに敵がいるのが確定している場合に

味方がA館側、自分がサイト側に動くとカバー出来ず負ける可能性が増えます。

射線の角度によってカバーできない可能性が高いからです。

 

ここで、単純にそれぞれの回り方の利点を書いて見ます。

■サイト側から進行

■利点

・A館から撃たれる事はない。

・クアッドの右側から出てくるのにさえ警戒しておけば、左側から出るのは影で先に反応出来る。

・クリアリングする位置が少ない。 

・クアッド側との交戦しか基本的にないので、基本的にカバーがもらい易い

■A館側から進行

■利点

f:id:yutorikun:20161117084610j:plain

・箱上からサイトに上れるので、敵の予想を超える動きがしやすい

(言い換えると敵の警戒するポジションを増やせる)

・影がクアッドに居る敵に見えない(壁側に反射されるため)

・場所が開けているので、距離によるAIMのズレが発生しやすい。

 

以上の事と味方の位置を考えて動きます。

基本的には、敵に挟まれる(クアッドとA館の挟みとか)位置には

極力動かないようにし、味方と同じ方向に進み(カバーを貰うため)、

敵が見えない場合は裏から来るのを警戒するという動きを心がけています。