EASY CS:GO blog

読んだらCS:GOが(たぶん)簡単になるブログです

【初心者向け】日本サーバーで5vs5の試合をする方法

f:id:yutorikun:20161117194412p:plain

みなさんが、普段やっているMMやface itなどの

pug(誰でも参加できる混合戦のようなもの)のほかに、

チーム同士で5vs5が出来るゲーム形式があるのはご存知でしょうか?

今回は、その5vs5の試合形式(通称:日本鯖)の方法について書いていきます。

1.チームに入る

日本鯖では、pugと違いまずチームに所属しなければ始めれません。

www.negitaku.org

この、Negitaku.orgというサイトでアカウントを作って

メンバー募集の項目を見ましょう。

 

f:id:yutorikun:20161117043642p:plain

このように、MMだけではなく大会を目標に活動していくチームなどに参加すると

円滑に日本鯖で活動できると思います。

2.試合を釣る

チームに入って、良い感じにチームメンバーと打ち解けたら

試合を釣りましょう。試合を釣るにはDiscordというサイトのアカウントをまず作ります。

無料通話アプリDiscordの使い方 | パソコントラブル情報をピックアップ

このサイトを見てアカウント登録方法まで、まずやります。

その後に、日本鯖を釣るチャンネルにログインします。

https://discordapp.com/channels/189255118040858624/189290265914245120

f:id:yutorikun:20161117044415p:plain

#matchmakeというチャンネルが、日本鯖を釣るチャンネルになります。

チャンネルにログインしたら、実際に試合を釣ってみましょう。

f:id:yutorikun:20161117044515p:plain

試合を釣る方法は、自分で試合の条件を書くか、

条件を書いている人に声をかける形になります。

自分で書き込む場合は、【サーバーの有無(後述します),試合可能map】を

書き込んでください。

 

f:id:yutorikun:20161117044828p:plain

声をかける場合は、条件を書いている人を右クリックしてメンションを選択し、

f:id:yutorikun:20161117044900p:plain

条件に合う、mapを提示し試合をしましょう。

サーバーが必要な場合

MMやface itなどと違って、日本鯖では自動でサーバーは割り当てらません。

なので各自、サーバーを用意する必要があります。

月額料金を払うことによって、専門でサーバーを提供してくれる人に借りるか、

好意で無料で貸し出しを行ってくれているrua wing様にサーバーを借りましょう。

RuaWing CS:GO Server Tracker - RuaWing CS:GO Server Information

f:id:yutorikun:20161117045247p:plain

 

未使用扱いになっている、サーバーのConnect

コピーして対戦相手に提示してください。

Rua wingサーバーを借りるのはサーバーに入ったのが早い人が優先で、

借り終わったら一旦抜けるのがルールです。

試合が終わり次第サーバーから抜けるように気をつけてください。

3.サーバーに入って試合をする

それでは、実際にサーバーに入って5vs5の試合をしてみましょう。

f:id:yutorikun:20161117045944j:plain

ゲームを起動し、コンソールを開きサーバーのconnectをコピペします。

すると、試合用のサーバーに接続されます。

f:id:yutorikun:20161117050247j:plain

お互いのチームがそれぞれサーバーに入り、

試合の準備が出来たら、チャットでrdyと入力します。

双方、rdyが済み準備が出来た事を確認出来たら、チャットで!lo3と打ちましょう。

3回リスタートが掛かった後、試合が始まります。

最後に

MMやface itと違い、日本鯖で試合をするのは少々手間がかかりますし

面倒くさくて、チームに入っていてもMMでいいじゃん!と

思う人も多いと思います。しかし、チームの連携が重要になる

チームvsチームは日本鯖でしか中々味わえないので

機会があれば、是非チャレンジしてみてください。

 

CS:GO個人主催大会『Twitter Tournament Cup』が11月26日(土)に開催 | Negitaku.org e-Sports

余談ですが、これからも大会は、まだまだ行われていくと思いますので

チーム同士で切磋琢磨して、日本のCS:GOが盛り上がればいいなと思います。